吉本隆明

吉本隆明

Add: ecoba8 - Date: 2020-11-26 04:23:37 - Views: 4534 - Clicks: 3103

【山本哲士公式チャンネル】「吉本隆明の読み方」web intelligence university:web-uni. 吉本隆明全集〈14〉. ただ、吉本隆明の著作は、その難解さから、妙な形で祭り上げられたり、深く読みもされないで批判にさらされたりと、不幸な扱いをされる. 吉本隆明はメディアである 1吉本隆明氏(以下敬称略)のさぼり気味の読者でしかない私が、特集の執筆依頼を受けてしまった。「メディアと社会システム」につき、社会学的に論ずるように、という。そこで、『重層的な非決定へ』、『マス・イメージ論』、連載中の.

吉本隆明全集撰 7 - 吉本隆明/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 吉本隆明(よしもと たかあき). テレビで亀山の「100分de名著」を見ていて、吉本隆明の「大衆の原像」という言葉を思いだした。それは亀山がドストエフスキーの土壌主義のことをのべていたからだ。 このブログ(「第二の敗戦期」)でも紹介したが、吉本は亡くなる前、亀山の訳した『カラマーゾフの兄弟』の解説を読んで. その後、ぼくは吉本隆明のよい読者とはなりえていない。『言語にとって美とは何か』『共同幻想論』が大学時代に出て、あいかわらずサークルの話題になっていたので、ぼくも読んでみたが、どうしても著者と対話をしている気分になれないままに. 吉本隆明が死んだそうです。最大級の評価と追悼の言葉が、テレビや新聞で報じられています。 昨日の朝7時のニュースのトップが、吉本の訃報. 関西電力の原発稼働の是非を問う住民投票の実施条例案は3月14日、大阪市議会民生保健委員会で審議されましたが、住民投票にかかる経費が無駄だとする橋下徹市長の反対意見の影響もあって、27日の本会議で否決されてしまいました。住民投票と発議権の制度は、今日の議会制度の欠陥と限界をただす歴史的意義をもつもので、大阪の住民投票の実施条例案はその得難い機会を提供するチャンスだっただけに、首長や議会の短絡的ないしは近視眼的な判断で葬り去られたのは遺憾です(『毎日新聞』2012年3月15日の「原発住民投票:大阪市議会、条例案否決へ」)。橋下徹が教育現場への日の丸・君が代の強制や労働組合の政治活動の規制を目論んでいるのもいただけません。 一方、昨秋の大阪ダブル選で維新の会は、「原発依存度を下げる。発送電分離で新規参入を促すために株主提案権を行使する」を公約に掲げましたが、大阪市の関西電力への株主提案内容の骨子案として、「可及的速やかに全ての原発を廃止」を3月18日の大阪府市の専門家会議「エネルギー戦略会議」が公表したのは評価できます(『朝日新聞』2012年3月19日の「脱原発への道 後押し」、および、同日の『日本海新聞』の「関電の全原発廃止を」)。わたしは政党政治と議会政治の枠内では、こうした政策を掲げる維新の会が民主と自民の2大政党の原発推進の動きにクサビを打ち込むことを望みます。 大飯原発の再稼働に向けてつま先だって前のめりに急ぐ野田政権と裏腹に、橋下徹ら大阪府市の統合本部会議は4月10日、府市の専門家会議「エネルギー戦略会議」が大飯原発の再稼働を認めるさいの8つの条件を了承しました。了承した原発の再稼働の8条件は以下の通りです。 (1)国民が信頼できる規制機関として(独立性が高い)3条委員会の規制庁を設立すること (2)新体制のもとで安全基準を根本から作り直すこと (3)新体制のもとで新たな安全基準に基づいた完全なストレステスト(耐性評価)を実施すること (4)事故発生を前提とした防災計画と危機管理体制を構築すること (5)原発から100キロ程度の府県との安全協定を締結すること (6)使用済み核燃料の最終処理体制を確立し、その実現が見通せること (7)電力需給について徹底的に検証すること (8)事故収束と損害賠償など原発事故で生じる倒産リスクを最小化すること (『朝日新聞』.

吉本隆明は2012年3月16日に87歳で亡くなりました。まずはご冥福をというところですが、この著名な戦後思想家を批判的に考察し追跡してきた数少ない論者が、こんな月並みな挨拶で見送るのはあまりにも日本的で、少なくとも活動を通して批評の世界に多少ともかかわってきた者として、わたしなりの考えを公けにするのが礼儀かと思います。吉本隆明の晩節は老いの一徹で、フクシマの大惨事もどこへやら、「四つんばい」になっても「科学技術に退歩はない」「原発をやめてしまえば、進歩がなくなる」(『毎日新聞』2011年5月27日夕刊)、あるいはまた、「科学に後戻りはない」(『日本経済新聞』2011年8月5日)、と度し難い進歩史観の科学技術信仰で原発礼賛を繰り返してきただけではありません。 若かりし頃の右翼青年のクセが抜けないのか、さすが軍服こそ着ていないものの、「福島の放射能避難は〝平成の強制連行〟だ」とのたまう元航空幕僚長の田母神俊雄などと一緒に、新右翼ないしは超右翼の雑誌『撃論』(オークラ出版、2011年10月)に威風堂々と登場し、のっけからたとえば「高さ10キロの煙突をつくり、排気物質や放射性物質は、上空高くに移動させて、人間の生活範囲内にこないようにする」などと、子どもだましのSFアニメ風のタレ流しをしています。これはかつてチェルノブイリ事故直後、吉本が断言した「核廃棄物を打ち上げて宇宙代謝する」(『家庭画報』1986年8月号)、と寸分変わらぬ馬鹿げた妄想であることはいうまでもなく、わたしが「通俗科学」と「少年クラブ的発想」と呼んだものにほかなりません。 さすがに、この見苦しい老醜というか老残のタレ流しを憂いたのか、2女の吉本ばなながツイッターで、吉本隆明がまだらボケの状態であることを示唆しつつ、「父のことですが、もうあまりちゃんと話ができないので、まとめる人の意訳があるかと。私が話したときは基本的に賛成派ではなく廃炉と管理に人類の英知を使うべきだ的な内容ではないかと察します。一部をとりあげて問題にするのはどうかやめてください」、とダウン寸前の父親に救援のタオルを投げ入れたそうです。 しかし、『毎日新聞』『日本経済新聞』『撃論』『週刊新潮』の発言を見る限り、吉本隆明はシャンとしていてまだらボケとは取れませんでした。吉本ばななの「(父は)基本的に賛成派ではなく廃炉と管理に人類の英知を使. 吉本隆明 全著作集 1~15巻 全15巻(勁草書房、1968. 吉本 隆明 1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。 東京工業大学電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。. わたしは無党派市民の活動家ですので、いかなる政党にも所属しませんし、また期待もしていません。緑の党に期待すべきではないかとの意見もあるでしょうが、今日の政党政治と議会政治の現状と限界からして、わたしは非常に懐疑的です。 つい最近、みどりの未来がこの夏にも緑の党を立ち上げる、とのニュースを目にしました。たしか、みどりの未来は地方議員を軸にした一定の実績をもつ市民運動のネットワークだったと思いますので、その地方議員のネットワークの延長上に、緑の党を構想したり国会に議員を出したりするのは理解できます。 しかし、これもつい最近の新聞で目にしたのですが、文化人類学者の中沢新一や評論家の内田樹が、「緑の党のようなもの」と称して立ち上げたグリーン・アクティブには、わたしは何の期待も持ちません。むろん、学者や文化人のいわば〝文化サークル〟ないしは〝文化人サークル〟としての活動には、それなりの意義はあるでしょうから、それなら「緑の党のようなもの」と政治に色目を使うヌエみたいなことを言わず、自分たちは文化運動をやるのだと言えばすっきりするはずです。 中沢新一は内田樹との『週刊現代』(年3月3日)の対談で、さきに取り上げた吉本隆明の「「反原発」で猿になる!」を「科学技術そのものを否定してはいけない、と言いたかったんだと思う」と見苦しい弁護をした挙句、「石原慎太郎さんが「吉本隆明もサルになると言っている」と引用したことで、「原発推進」の論理にすり替えられてしまう。ほんとうに吉本さんがおいたわしくて」などと、この期に及んで論点をズラして「原発推進」どころか「原発賛美」の吉本隆明にヨイショしています。 ここには、中沢新一のなし崩しの巧妙で完全なスリカエがあります。石原慎太郎が同調したから吉本隆明が「原発推進」と見られるのではなく、わたしが『原子力マフィア』で具体的な論点を列挙してくわしく吉本隆明の言説を追及したように、吉本自身が佐高信の『原発文化人50人斬り』(毎日新聞社、年)のいわゆる「原発推進」の「A級戦犯」の張本人であって、ゴリゴリの「原発推進」どころか「原発賛美」の論陣を張ってきたことくらい、中沢新一も先刻承知のはずではないか。それを石原慎太郎の言説にかこつけてなし崩しにしようというのは、吉本隆明にヨイショしてきた中沢新一の搦め手からの見苦しい自他の弁護論だと思い. More images for 吉本隆明 ». 話の主題は吉本隆明です。 この本を書いた時点では、吉本隆明というのは、どうもおかしいと思うけれども、何となくすっきりしない、と思っておいでの多数の読者に、すっきりしていただく機会を提供するために、あの人物の書き流すことがどれほど無茶苦茶かを、ていねいに論証しておく. 『吉本隆明全集 23巻』(晶文社) 生誕から120年以上経った今も、多くの人を魅了してやまない宮沢賢治の作品。思想家の故・吉本隆明さんも、賢治の作品に強い影響を受けてきたひとりでした。. ^ 吉本隆明『世界認識の方法』中央公論社、1980年6月。 ^ 吉本隆明『よろこばしい邂逅:吉本隆明対談集』青土社、1987年10月。 ^ j.

80 cm 吉本隆明 重量 : 920. 以上の国家論にたいし、吉本隆明はどのように対峙したのでしょうか。 そして独自の国家論をどう展開していったのでしょうか。 『NHK100分de名著. 12)です。 状態:全体的に状態は並みです。天、小口に少し経年によるヤケ、シミあり。※ 写真で確認をお願いします。※ 細かな擦り傷・折れ跡・汚れ・褐色化など経年による傷みが気になる方は入札をご遠慮ください。 終了後. 0 g 商品紹介 タグ. / ビジネス社 / 吉本隆明 内容紹介:下町の少年期から「昭和天皇の死」まで 思想界の巨人が描く「昭和と私」のアンソロジー!! みずからの足跡をたどりながら、今の30年を隔てる「激動の昭和」を縦横無尽に斬る!! 「初期ノート」や「少年」「背景の記憶」などの著作から. Amazonで吉本 隆明の吉本隆明 わが昭和史。アマゾンならポイント還元本が多数。吉本 隆明作品ほか、お急ぎ便対象商品は.

吉本隆明全集〈14〉ブランド : 商品サイズ 高さ : 4. 吉本隆明全講演ライブ集 通巻20冊にて制作は終了しました。在庫はこちらをごらんください ※この商品に限り国内送料無料で通販します ※在庫僅少につきお早めにどうぞ. 1978年、ぼくはミシェル・フーコーに会った。 彼は1926年生まれだから、そのとき52歳、ぼくあh39歳だった。 会ったといっても、文芸誌「海」での吉本隆明との対談企画者として立会っただけの話である。 吉本隆明の解説書としては、これまで書かれたものの中で最高のものの一つだと思う。 これから吉本隆明を読む人にとっては絶好のブックガイドであるし、これまで吉本を久しく読み込んできた人にとっても「なるほど、あれは『こういうこと』だったのか.

私は吉本の「信じるとはなにか」を問い詰めてゆくその迫力に、完全に圧倒されました。 (先崎彰容さん「吉本隆明『共同幻想論』 (100分 de 名著)」P33). 吉本隆明は一九五〇年代の後半うと思って載せたのではないかと思われる。 興味ある人はその違いを読んでみてほしい。 「恋唄」が「荒地詩集」た作品なので、詩の書き方も違っており、異質な作品である。. 読み解く本は、吉本隆明『共同幻想論』(kadokawa)。 先崎さんは年7月のNHK「100分de名著 吉本隆明『共同幻想論』」の指南役、鹿島さんは『吉本隆明1968』(平凡社)のご著者、「吉本を理解するうえでの講師」として最適の二人が、戦後最大の思想家の名著を. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 吉本隆明の用語解説 - 生1924.

吉本隆明(よしもとたかあき) 吉本 隆明(よしもと たかあき、1924年(大正13年)11月25日 – 年(平成24年)3月16日)は、日本の詩人、評論家。藤田省三に師事した。「隆明」を音読みして「りゅうめい」と読まれることも多い。漫画家のハルノ宵子は長女。. 吉本隆明さんのたくさんの講演の中から、 糸井重里が選び、音源を少しずつ切り出して構成した 約74分のcdと、ブックレットがセットになっています。 吉本さんの話が漏れ聞こえる寺子屋の前で うろうろしている糸井重里が「ここ、聞いてごらん!」と、. 00 cm 横幅 : 16. See full list on actdoi. ボードリヤール、吉本隆明『世紀末を語る : あるいは消費社会の行方について』塚原史(構成・訳)、紀伊國屋書店、1995年6月。. 吉本隆明ヨシモトタカアキ 1924(大正13)年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。. 地獄と人間 - 吉本隆明拾遺講演集 - 吉本隆明 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が.

com/ニュース・コメンタリー (年03月17日) 故吉本隆明氏に贈る言葉 16日に死去した評論家で詩人の吉本. いいとこなんて特にない。平凡きわまるぼんやり猫の「フランシス子」。けれど、著者とは相思相愛だった。忘れがたき存在を亡くし、自らに訪れる死を予感しながらも、訥々と、詩うように語られた優しく輝く言葉たち。「戦後思想界の巨人」吉本隆明が、人生の最後に遺した、あまりにも. 『吉本隆明が語る戦後55年』全12巻 吉本隆明研究会編(山本哲士、高橋順一ほか)三交社, ~年 『吉本隆明全詩集』思潮社, 年から刊行中。年初時点で4巻まで刊行。 『吉本隆明資料集』猫々堂, 年から刊行中。年初時点で70巻を超えている。. 00 cm 奥行 : 21. 東京詩人,評論家。山形県の米沢高等工業学校を経て 1947年東京工業大学電気化学科を卒業。.

新年早々の『週刊新潮』の新年特大号に載った「「反原発」で猿になる!」という吉本隆明のインタビュー、並びに、これに共感して反原発をボロクソに罵倒している東京都の石原慎太郎の発言を取り上げ、日本の言論界の閉塞状況を批判しておきます。 吉本隆明は、わたしが『原子力マフィア』の第3章「A級戦犯の戦後思想家 ― 原子力産業のPRでピエロを演じ続ける吉本隆明」で、それこそ徹底的に完膚なきまでに批判した文芸批評家で、いまだ時代遅れにも「戦後最大の思想家」と拝む〝吉本真理教〟の信者もいるほどです。わたしとは面識のない平井玄が『サンデー毎日』(年2月19日)の「一冊の本」という書評欄で、「その3分の1近くを占める「戦後最大の思想家」吉本隆明への罵倒が本書の白眉である」、と評してくれています。 その吉本隆明はフクシマの大惨事もどこへやら、原発は人類と文明の進歩の到達点だから、これを捨てることは人間が猿に戻ることだ、とそれこそ猿のように吠えています。そもそも、『週刊新潮』は昔から品性下劣な週刊紙の最たるものでしたが、『原子力マフィア』の第2章「原子力マフィア総批判 ― 産・官・政・議・学・報・労」5「抱え込まれた御用学者とマスコミの記者たち」に挙げた電力会社の広告ランキングの4位の雑誌で、吉本をダシに原発を担ぐのも無理からぬことです。 原発推進派の東京都知事たる石原慎太郎も2月10日、原発の是非を問う東京都の住民投票条例を否定する記者会見のなかで、この吉本隆明の「「反原発」で猿になる!」が気に入ったらしく、自らもう一匹の猿に変身して「私も同感ですな」と吠え合っています。そんなに原発が有難いものなら、原発を福島や新潟に押し付けて、電気だけ東京に持って行かず、東京都民の住民投票にかけたうえで、東京湾を埋め立ててでも原発を誘致したらどうか、ついでにフクシマの核廃棄物の中間貯蔵施設や最終処分場も引き受けたらどうか、とわたしは石原慎太郎に進言したい。 わたしに言わせれば、「「反原発」で猿になる!」と猿のように吠える吉本隆明や石原慎太郎の発言こそ、猿並みの知恵をさらけ出した猿族の遠吠えである。原発は大伽藍の湯沸かしで蒸気を発生させ、それでタービンを回している原始的なボイラー技術の破滅的なスケールアップにすぎないのに、それが人類と文明の進歩だの、あるいはまた、科学技術の発展の極致だなどと. jakobsson 323s2746 jakobsson lamp ヤコブソンランプ yamagiwa ヤマギワランプ別. ヨシモト タカアキ. 昭和・平成の詩人であり評論家の吉本隆明(よしもと たかあき・りゅうめい)氏。 1960年代、1970年代、日本で圧倒的な影響力を持っていたことや、 文学、社会、政治からテレビ、料理、ネコの世話まであらゆる事象を扱う「思想. 著者「吉本隆明」のおすすめランキングです。吉本隆明のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1924(大正13)年、東京・月島生れ。(平成15)年.

吉本隆明

email: avetypu@gmail.com - phone:(367) 280-8016 x 3042

建築施工講座 内・外装工事 - 女人往生 小栗純子

-> 鬼手・魔手 韓流究極の詰碁 - 權甲龍
-> 小類人 - 荻野眞

吉本隆明 - 溝口一雄 原価計算演習


Sitemap 1

雌お兄さんがおれの理性を壊す - 茨芽ヒサ - 年の算数 実力アップテスト